うっかり入っちゃった!? 無料立ち読みネタバレ

うっかり入っちゃった!? 無料立ち読みネタバレ

うっかり入っちゃった!?スマホでこそーっとネタバレ無料立ち読み




うっかり入っちゃった!? 無料立ち読み



「ゲームして遊ぶだけだったのに…どうして私、ユウ君とセックスしてるの!?」
法事の為久し振りに再会したたイトコとゆう君は、幼少時代を懐かしんでツイスターゲームで遊ぶ事に。 まつり:「カラオケ・・・何考えてんの、私らほっといて」 ユウ:「ま、いいんじゃないの?オヤジたちも久しぶりに会ったわけだしさ。今日はみんな泊まりだし、のんびりやろうよ。従姉妹の俺たちもこんな事でもなきゃなかなか会えなかったよ」 まつり:「まあね・・・・・・でも毎年よくここで遊んだよねー」 さやか:「そうそう。帰る時にはもっと泊まるーって泣いてさ-。みんな子供だったよねー」 まつり:「さやかちゃんはトイレが暗くてこわいってよくオネショしたよね」 さやか:「やだ・・・まつりちゃん。あ、そういえばよく行った駄菓子屋ってまだあるの?」 ユウ:「もうとっくにないよ。ウチも改築したし、色々ともう遠い昔ってカンジだよ」 まつり:「懐かしいねー」 さやか:「ねー」 まつり:「ねぇ、ツ○スターとかよくやらなかった?」 ユウ:「あ、それまだ俺の部屋にあるよ」 まつり:「ウソ!」 さやか:「ちょっと見たい。持ってきて!」 ユウ:「よし、思い出ネタで出してくるか」 さやか:「キャ―――ッ」 まつり:「ボロボローッ」 さやか:「チョ―――なつかし―――」 まつり:「広げて広げて」 さやか:「ねぇ!今ちょっとやってみない?」 まつり:「えー、やだよ恥ずかしい。もう子供じゃないんだから」 さやか:「いーじゃんちょっとだけ。従姉妹なんだから恥ずかしい事ないよー。ねぇ、ユウくん」 ユウ:「うん、いいんじゃない」 まつり:「そう?じゃあちょっとだけね」 さやか:「決まり」 ユウ:「よし、じゃあ場所をつくろう」 さやか:「ユウくん回すのやって」





皆久しぶりだなぁ… などと想い出にひたっていると、俺の顔の前には
ブラからはちきれてあふれんばかりに成長した従妹のパイオツが…!!





これ以上ないほど立派に実ったイトコのナイスバディに、オレは生唾飲みまくりでチンコは勃起しっぱなしで…。

いつの間にか晒したオレのチンコとイトコ達の濡れたオ○ンコが交わりあってしまう… 今の状態じゃそのままヌルっと…一つになっちゃうっっっ!!


【著者】なめぞう/赤髭

【配信数】7話
【サイト】まんが王国

配信済みタイトル


第1話 むちむち従姉妹とツ●スター
第2話 ブラから乳輪がこんにちは
第3話 アソコに擦れてそのまま…ちゅるん!
第4話 先っぽでわかるぬるぬるマ●肉の感触
第5話 従妹の膣奥でガマン汁ちょろり…
第6話 中で出してもバレない…かな?
第7話 乳も穴も…汗ばみ3Pスタート!


うっかり入っちゃった!?立ち読み